西木野ライブラリ

イベントの感想と週刊少年ジャンプ

無題

 

名前は伏せるけど、推しのライブ配信をみていたら、恋愛相談の話題になった。

 

このライブ配信がまーすごい。

そもそも女性声優は普段ファンとの交流のレギュレーションが厳しい。SNSでも企画やイベントがないと一方通行のやりとりが当たり前。

 

その中でライブ配信特有の、コメントがリアルタイムで読まれたり、投げ銭(課金)すれば名前を読んで反応してくれるシステムが導入されればオタクたちがどういうムーブメントを起こすか想像に難くないと思う。かくいう私もそのひとりだった。

 

それで、その配信中に恋愛相談の話題になったんだけど、そこから声優へのガチ恋についての話に発展した。推しちゃんは自分の意見を素直に言える人なので(そういうところも好きなんだな)、「声優にガチ恋してどうするの?」「付き合えると思ってるの?」という至極もっともな言葉を当事者の視点からの意見として聞くことができた。

 

確かに、昨今多い一部の声優ファンというか、界隈のアイドルと混同したような応援行為はいかがなものかと思う。声の役者という本質から逸れているし、その人の何を応援しているの? と思っていた。

 

うん

 

ちょっと横になるね

 

気分がわるくなってきちゃっあ。

 

 

 

将棋

趣味で参加する将棋の大会が近い為、最近は将棋の練習とソシャゲのイベント周回と推しのライブ配信をみて1日が終わる毎日。

 

飽き性の私に珍しく将棋はわりと長く続いている趣味なんだけど、興味を持ったきっかけはよく覚えていない。

 

遡ってみると、将棋をしている一番古い記憶は小学生の頃だと思う。当時は体が弱く入院がちで、病院の売店で買えるマグネット式のポケット将棋で延々と遊んでいた気がする。

 

あの頃はヒカルの碁が流行っていた辺りなので、ヒカ碁に影響されながらも、碁の道具は手に入りづらいというところから売店で買えるポケット将棋に手が伸びたのかもしれない。

 

私は影響されやすい性格なので、将棋のモチベーションを保つために将棋の漫画を読み漁るし、弱虫ペダルにハマっていた頃はちょっと良い自転車を買う。

 

それでもけいおん!の全盛期にギターを買わなかったのは偉い。絶対続かなかっただろうから。

 

 

シュクメルリ鍋。

 

あれ? 昨日の日記まで1週間くらい更新が空いてたみたい。

 

そういえば先週の記憶ないや。

忙しかったんだっけ?

忘れちゃった。

 

節約中の身でありながら、好奇心には勝てず以前から気になっていた松屋スペシャルメニュー、シュクメルリ鍋を食べてきた。聞きなれない名前だったが、広告を見るとどうやらジョージア料理というカテゴリらしい。鳥肉とさつま芋をチーズで煮込んだ鍋で、具が多くて嬉しかった。

 

チーズがすきなので美味しかったけど、私には少しニンニクがキツくて辛かった。多分もう頼まないと思う。ニンニク好きな人にオススメかも。